長期平準定期保険とは

 長期平準定期保険とは、中小企業経営者様用に開発された死亡保険です。企業経営は長期にわたり繁栄を目指します。その間に起こり得る可能性のある様々なリスクを長期平準定期保険がリスクをヘッジすることに役立ちます。
 
例えば、社長・役員など、会社経営におけるキーマンの死亡による損失・売り上げの減少、取引先の倒産、天災など様々なリスクが考えられますが、長期平準定期保険は大きな死亡保障とともに、積立性の高い生命保険であり、万が一の場合にはその解約返戻金が資金繰りのお役にたつ場面も想定できます。また、何もリスクに出会わなかった場合には、その解約返戻金は役員等の退職金原資として活用いただくことが可能です。

定期保険と長期平準定期保険

一般的な生命保険で『定期保険』があります。定期保険は平準定期保険とも呼ばれ、保険金額が計画期間中、ずっと同じ(平準)保険金額のため、平準定期保険と呼ばれます。この平準定期保険の中でも保険期間が長い保険をを「長期平準定期保険」「長期定期保険」と呼んでいます。

長期平準定期保険の保障イメージ図

 長期平準定期保険の仕組みは、あらかじめ設定された保障期間に定めがある死亡保険で、その保障期間の間、毎年(毎月)の保険料、死亡保障額が一定の生命保険です。
名前が示す通り保険期間は非常に長く保険会社により異なりますが、「95歳満了」や「99歳満了」、「100歳満了」といった超長期の保険期間となっています。まるで終身保障の終身保険のような定期保険です。加入対象者は主に法人経営者・役員となりますが、工場長や営業部長など、社内のキーマンとなる方の加入も認められています。保険会社によっては「キーマンプラン」という名称で案内しています。

保障図イメージ

長期平準定期保険の概略

 長期平準定期保険は、保険期間が終了と同時に以後の死亡保障は消滅し、満期返戻金の無い掛捨て型の死亡保険です。が、一般的に年齢が上がるとともに死亡率は高まるにもかかわらず、長期平準定期保険は長期にわたる死亡保障に対し、一定の保険料を納めるため、若年時に納めた保険料の一部を積立に回し、高齢化していくにつれ、その積立を取り崩していきます。そのため、解約返戻金は保険期間の前半には徐々に積み上がり、後半に徐々に取り崩すことになり、契約満了と同時にゼロとなります。この途中経過の解約返戻金が万が一の原資・退職金などの準備にご活用いただくことができるのです。
 この解約返戻金は各保険会社によってバラツキがありますが、この特徴を利用して60歳〜70歳に間の役員退職金の準備としても活用されることが多い保険です。ただし、あくまで掛け捨ての定期保険の一種ですので、解約返戻率のピークを過ぎると返戻率が徐々に下がっていきますので注意が必要です。
※保険会社によっては加入後しばらくは解約返戻金を低く抑えることで、保険料を安くした「低解約返戻金型長期平準定期保険」という保険商品や、タバコを吸わない方は保険料の割引が適用される「非喫煙体型長期平準定期保険」という保険商品も発売されています。

この長期平準定期保険は、保険料の1/2を損金算入(利益の圧縮)することが可能です。尚且つ、貯蓄性が高く、長期間に渡って解約返戻金が積み上がるため、損金を獲得しながら簿外で資産を蓄えることができます。
また、一時的な資金需要のため、解約返戻金を担保に借入を起こすことが可能です。しかも借入審査はなく、手続き後1週間以内で現金を確保できます。

【特徴】
①長期間、死亡保障が続き、途中での保険料の値上げはありません。
②長期間で資産を積み上げることができます。
 概ね20年〜30年で解約返戻金のピークを迎えます。保険会社によって
 バラツキはありますが、払い込んだ保険料よりも多くの解約返戻金を
 受け取ることができる場合もあります。
③経理処理は年間保険料の1/2を損金計上、1/2を資産計上となり、法人税の削減効果も期待できます。
④一時的な資金確保のため、解約返戻金を担保に借入をすることが可能です。
⑤役員退職金支払いの財源として、解約返戻金を利用することができます。
⑥途中で支払い保険料をストップさせる払済終身保険に移行できる保険会社もあります。
 終身保険への変更ですので、その後の解約返戻金は微増していきます。

長期平準定期保険の保障効果・法人税の削減効果

企業経営者・社内のキーマンを対象として大きな保障を得ると同時に、企業経営の安定化を目指し、簿外に流動性の高い即時現金化が可能な「長期平準定期保険」という資産を確保しておくことは財務体質の強化戦略として効果が高いと言えます。
年齢や性別、死亡保険金の額により、保険料も返戻率も返戻率のピーク時期も保険会社により異なってきます。弊社では、長期平準定期を扱う生命保険会社の大半を取り扱うことが可能です。御社に合った長期平準定期保険をご案内させていただきます。

 長期平準定期保険とは、中小企業経営者様用に開発された死亡保険です。企業経営は長期にわたり繁栄を目指します。その間に起こり得る可能性のある様々なリスクを長期平準定期保険がリスクをヘッジすることに役立ちます。
 
例えば、社長・役員など、会社経営のキーマンの死亡における損失・売り上げの減少、取引先の倒産、天災など様々なリスクが考えられますが、長期平準定期保険は大きな死亡保障とともに、積立性の高い生命保険であり、万が一の場合にはその解約返戻金が資金繰りのお役にたつ場面も想定できます。また、何もリスクに出会わなかった場合には、その解約返戻金は役員等の退職金原資として活用いただくことが可能です。

お問い合わせ・御見積りはこちらから

お電話でのお問い合わせはこちら

このページの先頭へ